電子工作を楽しむためには回路設計が必要であり、回路図を基にしてプリント基板の設計が必要になります。しかし、インターネットの中には電子回路図やプリント基板のアートワークを紹介しているウェブサイトがあるので、自ら設計が出来ない人でも電子工作を楽しむ事が出来るチャンスを与えてくれます。電子回路図やプリント基板のアートワーク情報を入手した後は、プリント基板に実装する電子部品や半導体を入手する、すべての部品が揃った段階で、プリント基板を製作して部品の実装を行えば良いのです。尚、部品を探す時にはインターネットの通販サイトを利用すると便利です。従来は秋葉原などの電気街に行かなければ実装部品を入手する事が出来ませんでしたが、現在では通販店を利用すれば簡単に部品調達が出来るようになっています。

通販サイトならすぐに買い物が出来るので便利です

秋葉原に行くと大小様々な部品を販売するお店があり、回路図に記載してある部品のリストを作成しておけば、お店の人が必要な部品を棚の中から取り出して販売してくれます。しかし、お店に行く事が出来ない場合もあるわけですが、従来では部品カタログを送付して貰い、必要な部品をオーダーするなど、郵送での買い物が主流でした。この方法では、必要な部品が手元に届くまでに時間を要します。ネットの通販サイトを利用した場合には、欲しい部品をカートに入れて買い物が出来る、最後に決済方法を選択して送り先などの情報を送信すれば簡単に買い物が出来ます。尚、通販店を利用する時には部品の値段や送料などを比較しておくと、安いお店を見つける事が可能です。通販サイトではコンデンサや抵抗などの電子部品やICやトランジスタなどの半導体がカテゴリー分けして販売しているので便利です。

品番を正確に検索する事が大切です

通販サイトを利用すれば特殊な部品を除けば大半の電子部品や半導体を購入する事が出来ます。サイト内では部品毎にカテゴリー分けが行われているので、抵抗やコンデンサが欲しい場合には、それぞれのカテゴリー内で部品を選ぶ事が出来るようになっています。ICやトランジスタなども検索を行って部品を絞り込む事が出来るなど、使い勝手が良い通販サイトを利用するのがお勧めです。尚、検索する時には回路図に記載してある品番を正確に入力する事が大切です。例えば、回路図に2SC1815と記載がある場合、正しい品番を入力しなければなりません。仮に、間違った番号を入力した場合、該当品番がなければ部品が存在していない事が分かりますが、間違えた品番の部品が存在する時には機能などが異なる部品になるため、買い物をする時には要注意です。